super alagin

達成した学びの目的・目標あるいはテーマ

 お茶の水女子大学の学生たちが各自掲げ、達成した学びの目的・目標あるいはテーマの一部、最近記述/更新された約100名分を紹介します。
 ここに表示しているのは当人が公開指定したものです。
目的・目標あるいはテーマ所属著者項数/詳細
心理学の視点から、教育について学ぶため文教育学部鈴木彩葉
短歌をとおして自己表現できるようにするため、基礎を学ぶ。生活科学部佐々木理音
生命情報学の知識を養うためにバイオインフォマティクス技術者認定試験に挑戦する。理学部荒井美紗絵
スマホを使用する時間を減らし読書時間を増やす。理学部山口愛織
人々に支持されるメディアの傾向についてとらえるため。文教育学部鶴崎裕理
歴史学の論文を一月に最低一本は読む。理学部藤元彩花
大学の教科書、興味のある本を読み知識を増やす。もっと貪欲になる。すぐに文書を自分のものにできる瞬発的理解力を高める。文教育学部原亜由子
【テーマ】卒業論文の予備調査「コンテンポラリーダンスの印象評価における音響効果の影響」
文教育学部勝涼葉
勉強会「結局新型コロナウイルスって何者?」において、私が担当して調べたことの詳細を記載する。文教育学部吉野早穂子
名作文学といわれるものにいろいろ触れていきたいため、本を読む。
6月中に吸血鬼ドラキュラを読む。
文教育学部山田侑実
英語能力を身につけるため文教育学部山本結智
まずは自分の興味のある、環境問題について知るため文教育学部田中美沙
メディア論を読み解くため文教育学部篠原陽
生活科学概論のレポートを仕上げる。生活科学部久祢田珠暉
自分が生物系に興味を持つようになってからは、教科書や図鑑から知識を得ることが多く、実際に育ててみることで、新しい知識や、疑問を持つことができるのではないかと思…理学部大塚史歩
応用統計学の復習をする。生活科学部山崎菜々子
芸術の知識や感性を深めるために、MIMOCA(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)に行く。理学部佐川千理
韓国語に触れる機会を増やす文教育学部鈴木佑芽
6月中に川端康成の『雪国』を読む。文教育学部吉田瞳来
論理的思考力を鍛える理学部中嶋菜月
入試試験成績開示の申請を行う。
生活科学部高津はづき
今、アメリカでとても大きな変化が起きている。そのひとつに差別があり、ニュースでは少ししか情報を得られないので自分で調べてまとめてみる。文教育学部林真生
ジェンダー論課題を通して国会議員における男女の差異を理解する。文教育学部森岡日菜子
バレエのバーレッスンを動画を参考に毎日行う。
バレエをやめてからバーレッスンをやることが減り、授業で行われるバーレッスンのときに自分の体がなまっている…
文教育学部田中咲子
【第三回】自主勉強会 「結局新型コロナウイルスって何者?」
6/12→19(金)12:15〜 開催する自主勉強会に対しての準備を行う。
+質問…
理学部池部有紀
卒業後社会で必要とされるパソコンスキルを身につけるために、『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』を読み終える。理学部佐藤楓果
目的 課題をきちんと提出するため。
目標 課題をその日のうちにやろう!(~6/25)
生活科学部里マヤ
英語のALHの課題を終わらせる。生活科学部我那覇実薫
目的:期末テストに向けて、中国語を上達する。
目標:テストでできたと手ごたえを感じられるようにする。
文教育学部森田舞
①美術館、博物館に行く
②TOEFLIBTでスコア80以上を取る
③IELTSでオーバーオール6.0以上を取る
文教育学部野島晴日
[目的]:英語のテストに向けて勉強を進めるため
[目標]:単語を覚え、プリントの英文を和訳しポイントをまとめる
文教育学部松本あゆみ
【目的】メディアについての学びを深めるために
【目標】マクルーハンのメディア論を読み、マクルーハンの伝えたいことを読み取る。また自分の担当である貨幣に…
生活科学部粟根愛華
3年次以降の専門分野の学修のイメージを持つために、専門分野について知る。理学部東出あんな
自分の特技を伝えアピールし、それを活かして専門科目の学修につなげる。理学部東出さら
以下の目的から美術館やギャラリー、博物館等の展覧会に足を運ぶことを目標にする。
1)展示方法について学ぶため
2)見る側、作る側としてヒントを…
文教育学部吉次絢香
授業の基礎となるような参考図書を読み、味わう。
西田幾多郎「善の研究」
和辻哲郎 「異文化共生の形」
岩井克人 「ヴェニスの商人の資本…
文教育学部森香月
時間を有効活用する!文教育学部川口紗奈
日:2018年7月25日
場所:Microsoft本社 アメリカ シアトル
対象:日本人学生
講演者:Microsoft Japan …
生活科学部安藤令奈
自分の「守備範囲」を増やしていくために夏休みの続きで読書をする。
後期終了までに本を5冊読むことが目標であり、それぞれ感想などを短く「成果」に記す。<…
理学部高見澤歩
Pythonの機械学習の本を理解して今年度中にPythonの初歩的な部分を使いこなせるようになる。勉強会でPythonを教える機会を活かして学びを深める。理学部柴真緒
3年生になるまでに『想像の共同体』を精読する。
【変更】
知人を誘って『想像の共同体』の勉強会(輪読会)を主催し、それによって全章を読む。
文教育学部松本苑香
気軽にいろいろなところに遊びに行く。手始めにずっと行きたかった東山魁夷記念館に行く。文教育学部野村宙可
数学力の向上と数学の継続的学習のため、大学1年のうちに、数検準1級に合格する。理学部濱口真帆
1週間で4日以上ランニングする。30分以上続けて走ることを1回とカウントする。文教育学部河野愛美
来年1/14までに志水宏吉の「学校にできること」を読む文教育学部野作実優
授業に遅刻せずに出席するために、起床・就寝時間を確定し、生活リズムを整える。文教育学部富士見のどか
自分のイメージしたスケートの衣装を試合で着るために、デザインを起こすところから全て自分で衣装製作を行う。生活科学部加藤綾
目的:奨学金の存在のPR、Bates Collegeのことをもっと知るため
目標:学長とお話がしたい
文教育学部藤井理緒
【学修の目標②】
音楽編集ソフトAudacityの使い方を習得し、実際に編曲してみる。
文教育学部大月侑
在学中に留学するという夢の達成と、予てより興味を持っていた観光業・ホテル業について学びたいという希望の実現。
また経済的に不利な自分が留学しその経験を…
文教育学部二階堂夕海
カナダMontrealで2015年12月〜3月まで語学学校のacademy部門とactivity部門でインターンに参加した。文教育学部金城ひかる
韓国・梨花女子大学への留学 自己成長の10か月間文教育学部安井祐菜
世界の中心でヘゲモニーを握り多大な影響力を持つアメリカの戦略や共生への姿勢を知りたい。大国アメリカが築いてきた国際関係の仕組み、外交戦略、開発分野でキーワード…文教育学部中島実来
英語で会話ができるようになること。自分の意思を英語で表現できるようにすること。生活科学部新藤由芽
  いわゆる講義形式の授業ではなく、様々な文献にあたり、学生同士で白熱した議論を展開すような授業を受けたい。
  もちろん、本学で上記のような授業を実…
文教育学部山本瑛子
11月19日にある祖父母の金婚式のお祝い会に来る小学2年生のいとこの面倒を見る際、いとこが退屈しないようにかつ安全面に気をつけて遊ぶ。
生活科学部高谷実穂
ドラマ、映画にちょい役でもでる文教育学部松本季依
「近くて遠い国、韓国」文教育学部永野友梨
塾講師としての指導技術を高める。ただし現時点では個別1:1とする。
そして勉強を楽しいと感じてもらえる指導を行い、ゆくゆくは自分の進路実現に必要な学力…
生活科学部辻菜々実
私はマレーシア、もしくはインドネシアの独立の歴史、あるいはこの二国どちらかの独自性について研究し、卒業論文にしたいと考えている。その雛形のようなものとして現時…文教育学部笹森絵子
この一年で学部を通して学んだ地域研究・多文化共生・国際協力について中高生や異なる分野を専攻とする大学生に向けて「伝える」文教育学部長村瑠納
イギリス・ロンドン SOAS留学を経て文教育学部瀬尾早紀子
ニュージーランド・オタゴ大学留学理学部梁陸伊韻
 パリ・ディドロ大学への交換留学にあたっての目的は、フランス語4技能の向上、フランス近現代史への造詣を深めること、卒論のテーマ探しの3点である。
 
文教育学部保住綾那
北京外国語大学への留学で学んだこと大学院博士課程前期山内望美
自分の中の思いや考えを言語化し、言語力を向上させるために、11/14に行われる、アルプス子ども会主催の「ビブリオバトル」に、発表参加者として参加する。生活科学部山口香帆
(2)デジタル環境を再考察する 3rd. Reality
「3rd. Realityは実名化・現実と一体化するのかという議論について考察する」
生活科学部常盤早紀
2016年9月1日〜2日 金沢旅行を充実させる
美術史コースでは、上記の日程で金沢へコース旅行を実施することとなった。
旅行にあたって、どのよ…
文教育学部伊藤彩乃
マンチェスター大学短期留学感想文文教育学部吉川綾乃
梨花国際夏季大学セッションを終えて生活科学部齋木美果
モナシュ大学の短期研修を終えて文教育学部的場素子
SOAS Summer Program を終えて文教育学部脛永舞花
ストラスブール大学での短期研修生活科学部小野七海
海外短期研修を終えて文教育学部佐藤葵
国を超えた防災意識の共有とその成果生活科学部石川文絵
My 6Weeks in DunedinJ オタゴ大学付属語学学校での6週間文教育学部三上奈緒子
留学中の旅行文教育学部髙須万由
My Wonderful Experience at Vassar College文教育学部横川和花
2014年春期語学研修プログラム報告書文教育学部田島瑞保
韓国・梨花女子大学文教育学部須崎情惠
プラハ・カレル大学(チェコ共和国)文教育学部倉又瑞希
トムスク大学研修感想文文教育学部草刈沙季
国際学生フォーラム2015に参加して文教育学部斉藤美沙季
Vassar 研修を通して文教育学部萩原望
University College Dublin Summer Programme に参加して文教育学部平美貴子
ヴッパタール大学での研修理学部福本栞菜
My special experience生活科学部青木優
ニュージーランド・オタゴ大学生活科学部岡南愛梨
トムスク研修感想文文教育学部大友久代
Manchester 短期語学研修を通して文教育学部大野蘭子
マンチェスター大学研修を終えて文教育学部佐山友梨
住みよい街トムスク文教育学部寺垣沙織
マンチェスター大学語学研修報告書文教育学部名取幸花
ハル大学研修を終えて文教育学部野村春佳
マンチェスター大学での研修を終えて文教育学部平野晴花
イギリス短期研修文教育学部別府留奈
素敵な出会いに感謝して文教育学部青木奈都実
ボン大学サマーコースを終えて文教育学部飯尾綾加
super alagin portfolio PUBLIC ver.7.3 © 2018 alagin activities crde-hd@cc.ocha.ac.jp